リスグラシューはコックスプレート出場不可だった?役人の心遣いで勝利!

10月26日、オーストラリアのムーニーバレー競馬場で行われたコックスプレート(3歳上・GI・芝2040m・1着賞金300万豪ドル)では、

D.レーン騎手騎乗の1番人気リスグラシュー(牝5、栗東・矢作芳人厩舎)が、見事勝利しました!

宝塚記念に続き、G1を2連勝と絶好調のリスグラシューの、気になる情報をまとめました。

実は出走不可能だった?オーストラリアの役人に救われたリスグラシュー


6月23日の宝塚記念に、D.レーン騎手騎乗により2度目のG1勝利を勝ち取ったリスグラシュー。

2019年より、宝塚記念の優勝馬には、

オーストラリアのムーニーバレー競馬場で行われるコックスプレートへの優先出走権及び

優勝時のボーナス(優勝賞金300万豪ドル+ボーナス200万豪ドル)が付与されることになったため、

リスグラシュー陣営は出走を検討していました。

ところが、リスグラシューのコックスプレート出走には重大な問題があったのです。

それは、香港とオーストラリアの検疫規定により、

4月に香港のクイーンエリザベス2世カップに出走していたリスグラシューは、

10月にオーストラリアで行われるコックスプレートへは出走できないというものでした。

そのため、コックスプレートの出走を諦めかけていたリスグラシュー陣営でしたが、

オーストラリア農務省など関係者の尽力により検疫規定が改訂され、

なんとコックスプレート出走が可能になったのです!

その結果、1番人気でコックスプレートを出走し、見事1着となったリスグラシュー。

D.レーン騎手がオーストラリア出身ということもあったのかもしれませんが、

オーストラリアの役人の柔軟な対応はとてもありがたいですね!

リスグラシューのこれまでの成績やプロフィールは?

現在5歳のリスグラシュー。

これまでの競争成績はどうなのでしょうか?

中央競馬での出走は18戦。そのうち重賞での勝利は5勝です。

G1初勝利は2018年のエリザベス女王杯でした。

その後、2019年の宝塚記念でG12勝目。

そして2019年10月、初の海外G1制覇となりました。

生涯獲得賞金は6億8千万円に達しています。

以前はマイル戦を中心に出走していたようですが、

2018年エリザベス女王杯以降は、中~中長距離での出走となっています。

わりと晩成型のリスグラシュー。血統は父方がサンデーサイレンス系です。

血統もあるからか、リスグラシューは晩成型のようですね。

脚質は差し寄りのようで、スタートはあまり得意ではない様子。

毛色は黒鹿毛で、額から鼻にかけての白い縦線がトレードマークになっています。

次回出走は有馬記念?

海外G1初制覇を果たしたリスグラシューを担当する矢作調教師によると、

次回の出走は有馬記念を目指していきたいとのこと。

リスグラシューは11月4日に日本に戻り、帰国検疫を受け、その後問題がなければ有馬記念に向け

調整していくことになるそうです。

騎手も未定ですが、またD.レーン騎手とのコンビを見ることはできるのでしょうか?

宝塚記念と同じように、人気投票により出場馬が決まる有馬記念。

リスグラシューは今年の注目馬になることは間違いないでしょう。

ぜひ、今年最後に再び日本で、リスグラシューの華麗な走りを見たいですね!

今後の動向に注目です!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です