『キューティ・ブロンド』映画最新作も制作中!?チワワ好き必見!

どすこいこんにちは。

お金がない生活を送ってます、ちゃんこです。

お金がなくて遊びに行けないので、家で楽しく過ごす方法を探しています。

今回はお金がなくて家に居ても、前向きにがんばろうって思えるような映画をご紹介します。

その名も・・・

『キューティ・ブロンド』!!

2001年の作品です。続編も出てますし、なんと最新作も制作されるという噂もあるようです。

最新作放映前に1作目を振り返りましょう!

あらすじ

主人公エル・ウッズはファッションに詳しいお金持ちのブロンド娘。

その日は恋人のワーナーとのディナーで、プロポーズを受ける特別な日になるはず、だったのだが・・・

「別れよう」

ワーナーから別れを告げられてしまったエル。

しかも別れの理由は、エルがゴージャスなブロンド娘だから!

ハーバード大学ロースクールに入り、若いうちに議員当選を目指すワーナーには、エルのようなブロンド娘は遊びとしては良くても、結婚相手となると相応しくないとの理由だったのだ。

部屋に引きこもって落ち込むエル。

しかし、すぐにいい方法を思いつく。

「自分もハーバード大学ロースクールに入ればワーナーも認めてくれる!」

そうと決めたらものすごい行動力で、在籍している学校からの強力な推薦状を取り付け、印象的なビデオ論文を作成し、そして遊びへの参加も我慢して筆記試験の勉強に明け暮れる。

エルは在籍している学校での成績はオールA・・・ただし専攻はファッション学。

卒業論文のテーマも「水玉模様の歴史」で、進路がハーバード大学のロースクールだなんて誰も想像できない。

そんな中でも、努力の結果、見事合格を勝ち取り、大喜びするエル。

はたして、無事ワーナーを振り向かせることができるのか?

エルの波乱万丈なロースクール生活が始まる・・・

ちゃんこ流おすすめポイント

さて、ここからは『キューティ・ブロンド』のちゃんこ流おすすめポイントをご紹介します。

とにかく前向きな気分になれる!

主人公エルは、ストーリーのしょっぱなから恋人のワーナーにフラれるという悲惨な出来事を経験します。

それはもうものすごい落ち込みようで、観客のわたしたちは笑っちゃうくらいなのですが・・・笑

気持ちを切り替えてからはひたすらまっすぐ、目標に向かって突き進んでいきます。

プロポーズしてもらえるって思ってる人にフラれたら、当然落ち込むと思うんですけど、いつまでも落ち込んでたって何も変わらないですよね。

実はわたし、この映画を初めてみたとき、当時付き合っていた人にフラれて落ち込んでいたときだったのです。

プロポーズとかはもちろん想像してなかったですけど、フラれて落ち込むエルにすごく共感したのを覚えています。

でもエルはどんどん前に進んでいって、状況もどんどん変わっていく。

自分も一歩踏み出さないと!と思えました。

それ以来、フラれて落ち込むたびにこの作品をみています・・・ってどんだけフラれてるんだ!ってツッコミは勘弁してください 笑

サードプレイスが大事!

エルが前向きに頑張れる理由の一つとして、サードプレイスの存在があると思います。

サードプレイスって、ご存知ですか?

家と職場(または学校)以外の第三の場所=サードプレイスのことですね。

サードプレイスがある人は、家や職場で何かあっても、サードプレイスに逃げることができ、態勢を立て直すことができるんです。

エルにとってのサードプレイスはビューティーサロン。

サロンで働くネイリストのポーレットと仲良くなり、ロースクールでの生活で何かあったときにも愚痴りにいっています。

さすがのエルでも、このサロンとポーレットの存在がなかったら、ロースクール生活も途中で挫折していたかもしれません。

一時的に逃げる場所があることは、健康に前向きに目標に向かうためには有効なんですね。

あなたの実生活にもぜひサードプレイスを取り入れてみてください。

ちなみにエルにはペットのチワワがいます。

チワワの存在も大きいのでぜひ注目してください!

おわりに

『キューティ・ブロンド』の原題は『Legally Blonde』です。

原題ではちゃんと法律っていうところを出しているのですが、邦題だとただのかわいい金髪の女の子って題名ですよね・・・

たしかに原題を正しく訳した邦題ではわかりにくかったり、キャッチーじゃなかったりして難しいのでしょうけど、ちょっとこの邦題には違和感を感じてしまいます。

まぁでも、違和感はあってもやっぱり覚えやすいのは間違いないですね。

ということで、今回は『キューティ・ブロンド』を紹介しました。

ではまた!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です