黒川検事長辞任?懲戒免職?賭けマージャン文春報道がTwitterで話題!

検察官の定年延長法案で注目されている

黒川検事長。

黒川検事長が、5月1日に新聞記者の自宅で賭けマージャンおこなっていたと

文春で報道されており、

話題になっています。

黒川検事長のスキャンダル?外出自粛期間中に賭けマージャン?

最近定年延長問題で話題になっている、黒川弘務検事長。

文春によると、

コロナウイルス感染拡大を防ぐために外出自粛が求められていた5月1日に、

黒川検事長が記者の自宅で賭けマージャンをしていたとのこと。

4人が集まったのは5月1日。

小池百合子都知事が「ステイホーム週間」と位置付け

不要不急の外出自粛を要請、

また安倍晋三首相も

「人との接触8割減」を強く求めていた緊急事態宣言下でのことだ。

夜7時半頃に産経新聞A記者の自宅マンションに集合すると、

午前2時近くまでマージャンは続いた。

ー文春オンラインより引用

https://bunshun.jp/articles/-/37926#photo_1

 

もし事実であれば、

自粛期間中に不謹慎というだけでなく、

賭け麻雀という違法行為を国家公務員、

しかも検察官がおこなったという問題になってしまいます。

黒川検事長は賭けマージャンを誰とおこなっていた?

黒川検事長と賭けマージャンをおこなっていたのは誰だったのでしょうか?

東京高検検事長の黒川弘務氏(63)が、

産経新聞社会部記者や朝日新聞の元検察担当記者らと

賭けマージャンをしていたことが、

「週刊文春」の取材で判明した。

ー文春オンラインより引用

https://bunshun.jp/articles/-/37926#photo_1

 

文春の報道によると、

産経新聞記者と、朝日新聞の元検察担当記者の方が集まり

黒川検事長と賭けマージャンをしたとのこと。

産経新聞のA記者の自宅に集まったようですね。

しかも、5月1日が初めてではないようです。

また、5月13日にも同様に黒川氏はA記者宅に向かい、

深夜までマージャンをしていた。

産経関係者の証言によれば、黒川氏は昔から、

複数のメディアの記者と賭けマージャンに興じており、

最近も続けていたという。

その際には各社がハイヤーを用意するのが通例だった。

ー文春オンラインより引用

https://bunshun.jp/articles/-/37926#photo_1

 

国家公務員でしかも検察官の黒川検事長が

違法な賭けマージャンを昔からおこなっていたとなると、

何かしらの処分がおこなわれることになるのでしょうか。

黒川検事長の賭けマージャンが事実なら辞任か懲戒免職?ネットの反応は?

黒川検事長が外出自粛期間中に

賭けマージャンをおこなっていたという文春報道に対して、

Twitterでは大きな話題になっています。

Twitter上では、

#黒川検事長の懲戒免職を求めます

がトレンド入りしています。

注目されていることがよくわかりますね。

報道が事実だとしたら、

今後この問題がどうなるのか気になるところです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です