画像|宮田教授の髪型がFFクラウドみたいでイケメン!銀髪はいつから?

クローズアップ現代+にゲスト出演している

慶応義塾大学医学部教授の宮田裕章教授。

銀髪に革ジャンという風貌が気になり、

話す内容が頭に入ってこないと話題になっています。

宮田教授の髪型がFFクラウドみたい?革ジャン姿もイケメン!

宮田教授といえばまず目を引くのが、

銀髪の髪型です。

白髪にも見えるくらいの銀色で、

ゲームやアニメのキャラクターのようだと言われています。

似ていると言われているキャラクターの1人がこちら。

https://festy.jp/web/posts/1004836

PS4でリメイク版が発売された、FF7の主人公クラウドです。

https://buzz-plus.com/article/2019/04/10/nhk-kurogen-news/

革ジャンを着た宮田教授。

黒っぽい服装もクラウドっぽく感じます。

他にも、ブラックジャックや、

ポケモンのウィロー博士にも似ていると言われているようです。

http://pokemongo2ch.net/archives/34080099.html

ウィロー博士はまさに宮田教授そのものに見えますね。

宮田教授はいったいいつからこの髪型になったのでしょうか?

宮田教授が銀髪になったのはいつから?

独特な髪型の宮田教授ですが、

慶応義塾大学のホームページでは、

黒髪姿で紹介されています。

https://gshm.sfc.keio.ac.jp/organization/

黒髪時代も長髪で、

慶応義塾大学の他の教授と比べると雰囲気が違いますが、

銀髪ほど奇抜ではありませんでした。

いったいいつから銀髪の髪型にされたのでしょうか?

2018年2月の日経の記事によると、

宮田教授は黒髪の姿だったようです。

2019年4月にクローズアップ現代に出たときには、

すでに今の姿になっていたようです。

2018年から2019年にかけてのどこかで

今の姿に変貌したのでしょうか?

もしかすると、クローズアップ現代に出演するにあたって

意識して髪型を変えた可能性もあるかもしれませんね。

宮田教授が新型コロナウイルスのLINE調査を作った?

宮田教授はその風貌が話題になりがちですが、

ヘルスデータサイエンス、医療の質、医療政策の専門家として

活躍されています。

日本国内での新型コロナウイルスの感染拡大に対し、

ビックデータの活用の重要性について話しています。

「今後もしオーバーシュート(感染爆発)が発生するとしても、

症状を訴えている人の情報をより早く集めることで、

どれくらいの患者が発生しうるのか、

それに備えるための現場の準備につなげることができる。

データを蓄積しながら判断を重ねて、

人々に還元していく、これがいちばん大事です」

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200415/k10012388211000.html

 

厚生労働省とLINE共同の新型コロナウイルス対策のための全国調査は、

宮田教授がLINEと国や自治体を結んで、

ビッグデータを利用した調査や健康サポートのシステムを作り上げたそうです。

このデータを活かし、

国や自治体がより効果的な対策を打ち出せるよう、

これからも宮田教授を応援していきたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です