中野江古田病院がクラスター!院内感染隠蔽の噂はデマ?経緯報告していた?

東京都の中野江古田病院でのコロナウイルス集団感染が話題になっています。

それも、医療機関であるにも関わらず、

経営判断で感染者の発生の事実を隠ぺいしていたという噂で持ち切りです。

どういうことなのか、ネットの情報を確認してみました。

中野江古田病院でコロナウイルスの集団感染発生の経緯は?

ここ数日、1日100人以上の感染が続いている東京都。

そんな中、中野江古田病院でのコロナウイルス感染は

4月12日時点で92人にものぼっているようです。

東京都は12日、

中野江古田病院(中野区)の入院患者や医師、看護師ら87人が

新型コロナウイルスに感染したと発表した。

重症者はいないという。

同病院では4日までに患者5人の感染が確認されていたといい、

感染者は計92人に上る。

都は「院内感染の可能性が極めて高い」としている。

ー朝日新聞デジタルより

asahi.com/articles/ASN4D5RZZN4DUTIL012.html

 

中野江古田病院からの連絡を受け、

1日に保健所が現地で調査を開始しました。

4日までに入院患者5人の感染が判明し、

接触していた他の患者や医師らを検査した結果、

92人の感染が確認できたそうです。

中野江古田病院の中野江古田病院の公式サイトによると、

5日から外来診療や新規の入院患者の受け入れや面会を中止しているそうです。


この報道だけ見ると、

病院がコロナ感染を隠蔽していたようには思えませんが、

なぜ隠蔽していたという噂が広まっているのでしょうか?

中野江古田病院がコロナのクラスター感染を隠蔽していた?

中野江古田病院がコロナ感染を隠蔽していたという噂は、

5ちゃんねるのある投稿がきっかけとなっているようです。

https://togetter.com/li/1493217

この投稿の内容で、

隠蔽を疑われる部分はこの部分だと思われます。

4/1は看護師の感染が判明しながら「経営判断で」公表せず、

その週末まで外来も通常通り行う。

見かねた勤務医が保健所に通報して発覚、

抜き打ち検査で陽性率100%。

 

この投稿に対し、

Twitter上では中野江古田病院に対する批判が相次いでいます。

しかし、さきほどご紹介した朝日新聞デジタルの報道によると、

保健所は中野江古田病院からの連絡を受け、

4月1日にすでに現地の調査を開始している、とあります。

5ちゃんねるの投稿にある、

4月7日に見かねた勤務医が保健所に通報して発覚、

という記載とは矛盾があります。

どちらが本当なのでしょうか?

中野江古田病院の隠蔽の噂はデマ?コロナの感染の情報を関係者には伝えていた?

5ちゃんねるの投稿と、

一部報道されている中野江古田病院のコロナ感染の経緯が

矛盾していることがわかりました。

どちらが事実なのかははっきりとわかりませんが、

Twitter上にはこんな投稿もありました。

入院患者のご家族に対し、

感染が判明した4月1日の翌日の4月2日には、

医師から個別にコロナ感染の連絡が入っていたようなのです。

Twitter上のこの投稿を受け、

中野江古田病院がコロナ感染を隠蔽していたわけではないのでは?

という意見も出ています。

もし、朝日新聞デジタルの報道のとおり、

中野江古田病院から保健所に対する通報が速やかに行われていて、

病院に関係する人たちにはコロナウイルス感染の情報提供がされていたのであれば、

隠蔽していたのではなく、

公表を控えていただけであり、

中野江古田病院がコロナウイルス感染を隠蔽していたという内容は、

正しい表現ではないのかもしれませんね。

関係者の方の回復をお祈りしています。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です