マツコの知らない世界|ココアとチョコレートの違いは?太りにくいのはどっち?

毎回特定のモノ、コトにこだわりを持つ人をゲストに招き、

こだわりの世界を紹介するテレビ番組『マツコの知らない世界』。

ココアの世界では、

ココア専門店「COCOA SHOP AKAI TORI」(ココアショップアカイトリ)オーナーの前田貴子さんがゲストです。

小さいころによく飲んでいたココア、

いったいどんな知らない世界があるのでしょうか?

前田貴子さんがオーナーのココア専門店「COCOA SHOP AKAITORI」はどこにある?

ゲストの前田貴子さんオーナーのココ専門店は、

大阪市にあるお店です。

COCOA SHOP AKAI TORI
COCOA SHOP AKAI TORI(ココアショップアカイトリ)
住所 大阪市中央区谷町6-4-8 新空掘ビル 1F
交通 4番出口が工事中のため、
   Osaka Metro「谷町六丁目」駅3番出口より徒歩約1分
電話 080-6126-7536
営業時間 11:30〜18:30
定休日 月曜日 ※月曜日が祝日の場合は翌日(火曜日)
公式ホームページ

ココアらしいこげ茶をベースにしたアンティーク調の内装の店内で、

カウンター8席の小さなお店です。

メニューはオリジナルのココアドリンクのほか、

チョートケーキやバウムクーヘン、

今話題のルビーチョコレートを使ったスイーツなどもあります。

こだわりのお店とあって、おいしいみたいです!

こだわりのオーナー前田さんのおいしいココアの入れ方も紹介されていました。

チョコレートのお店はよくありますが、

ココアの専門店というのはあまり聞かないですよね。

そもそも、ココアとチョコレートって何が違うのでしょうか?

ココアとチョコレートの違いは?チョコレートのほうが太りやすい?

ココアとチョコレート、

どちらも原料は同じ「カカオ豆」です。

乾燥したカカオ豆を砕いて皮などを取り除き、

炒ってからすりつぶしたものが「カカオマス」です。

ココアもチョコレートも、

ここまでは同じ製造工程を進みます。

カカオマスの中にはココアバターという脂肪分が含まれており、

カカオマスからココアバターを取り出したものがココアです。

そして、カカオマスにココアバターや砂糖、ミルクなどを加えたものが、

チョコレートとなります。

https://tg-uchi.jp/topics/4302

ココアとチョコレートの製造工程を比べてみると、

カカオバターや砂糖などが入っているチョコレートのほうが

カロリーが高そうですね。

100 g当たりのカロリーは、

チョコレートだと役600 kcalに対し、

ココアパウダー(純ココア)では約360 kcalのようですので、

数字だけで見るとチョコレートのほうがカロリーが高く、

ココアのほうがカロリーが低いです。

砂糖も入っていますので、

糖質と資質を一緒に取るという意味でも、

チョコレートのほうが太りやすいかもしれません。

『マツコの知らない世界』ココアの世界では、

チョコレートではなく、「ココアスイーツ」というものも紹介されていました。

そのうちの一つが、神奈川県川崎市にある「ラトリエヒロワキサカ」のサントリーヌショコラです。

ココアスイーツとなると、ココア以外に砂糖なども加えられているのでそれなりのカロリーがあると思いますが、

チョコレートスイーツとの味の違いを比べてみるものおもしろそうですね。

バレンタインの時期に、チョコレートではなく純ココアを使ったスイーツを作ってみるのもおすすめです!

※前田さんが副社長をつとめる前田さんの実家の稼業である『前田商店』で取り扱っている純カカオはこちら↓

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です