アベノマスク466億円の内訳は?効果は使い捨てマスク20億枚分?1枚260円!

政府が発表した布マスクの1世帯2枚の配布にかかる予算額が話題になっています。

なんと466億円もかかるそうです。

どうしてそんなにかかるのでしょうか?

マスク466億円の内訳は?1枚260円で人件費128億円?

立憲民主党の蓮舫さんのツイートによると、

466億円の内訳は以下のとおりとなるようです。

布マスク配布費用の内訳がわかりました。

菅官房長官は200円と言っていましたが、1枚260円。

260円×1.3億枚=338億。

残り128億は、

日本郵政配達費・パッケージ代・メーカーから日本郵政運送費・問合せコールセンター費用等。

計466億円。

マスク自体が1枚260円するんですね。

配布予定枚数は1億3000万枚、

1世帯あたり2枚なので、

6500万世帯が配布対象となるようです。

郵送のための費用やその他コールセンターなどの人件費がかかるのはもちろんわかるのですが、

マスク2枚を配布するためだけにこれだけお金をかけて、

どれくらいの効果が見込まれるのでしょうか?

布マスク1億枚で使い捨てマスク20億枚分の効果?

菅官房長官は記者会見で、

布マスク1枚で使い捨てマスク20億枚分に相当すると発言しています。

布マスク1億枚が洗濯をしながら

平均20回使われたとすれば、

使い捨てのマスク20億枚分の消費を抑制することになる。

これは平常時のマスク需要の4、5カ月分にあたる

ー朝日新聞デジタルより

https://www.asahi.com/articles/ASN496FR3N49UTFK01C.html

 

布マスクを20回洗って使うと想定しているようです。

使い捨てマスクが50枚入りで1500円程度で売っているので、

1枚当たりに換算すると30円。

30円×20枚=600円なので、

たしかに1枚260円の布マスクを20回洗って使うほうが

マスクの値段としては安くなります。

人件費を含めた466億円で考えても

政府配布の布マスク1枚の値段は約360円。

使い捨てマスクを自前で用意するよりは安いですね。

アベノマスク466億円にネットの反応は?

布マスクを20回洗って使えば、

使い捨てマスクを20枚買うよりも安い値段で

マスクを確保することができるとわかりました。

ネット上の反応はどうなっているでしょうか?

政府の意図は伝わっているのでしょうか?

マスク2枚配布に466億円もかけるなら、

他のことに使ってという意見ばかりでした。

政府の考えと世間の考えのズレは大きいようです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です