マスクの人気の種類は立体型で日本製?ユニ・チャームは中国人にも人気!

中国内陸部の湖北省武漢市で2019年12月以降に広まった新型コロナウイルス感染。

肺炎が引き起こされ、死亡者も出ています。

日本でも感染者が確認されており、

テレビでも連日報道されています。

そんな中、感染症予防として、

マスクをつける人が増えているようです。

特に中国人の方からの需要が高くなっているマスク。

人気過ぎて売り切れ、欠品になっているお店も多いのでは?

どんな種類のマスクが人気なのでしょうか?

日本製のマスクが人気?

中国人の方から人気なのは、

日本製のマスクのようです。

代表的なのはユニ・チャーム。

花粉症の季節にも入りますので、

大容量で購入しておいてもいいかもしれません。

ウィルス飛沫対策には立体型が人気?

マスクにもいくつか種類があるようですが、

新型コロナウイルス感染予防にはどんなマスクがより適しているのでしょうか?

新型コロナウイルスに限らず、

ウィルス飛沫対策としては、

立体型のマスクがが適しているようです。

顔の形に合わせてデザインされているため、

スキマを作らず、ピッタリフィットし、

ウィルス飛沫や花粉をブロックします。

そのほかの予防方法は?

マスク以外にも、うがい、手洗いなどの基本的な感染症対策はおこなったほうがいいかもしれません。

また、38度以上の高熱が出たり、息苦しさを感じた場合は、

医療機関を受診したほうがよさそうですね。

これから花粉シーズンにもなりますので、

マスクは必需品になりそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です