「コーダ あいの うた」と「エール」の 違い!リメイク作品が作品賞に!

第94回アカデミー賞授賞式で

「コーダ あいのうた」が

作品賞に輝きました。

実はこの作品

「エール」というフランス映画の

リメイク作品らしいのです。

気になったので調べました。

「リメイク作品「コーダ あいのうた」のあらすじ

豊かな自然に恵まれた海の町で暮らす高校生のルビーは、両親と兄の4人家族の中で一人だけ耳が聴こえる。陽気で優しい家族のために、ルビーは幼い頃から“通訳”となり、家業の漁業も毎日欠かさず手伝っていた。新学期、秘かに憧れるクラスメイトのマイルズと同じ合唱クラブを選択するルビー。すると、顧問の先生がルビーの歌の才能に気づき、都会の名門音楽大学の受験を強く勧める。だが、ルビーの歌声が聞こえない両親は娘の才能を信じられず、家業の方が大事だと大反対。悩んだルビーは夢よりも家族の助けを続けることを選ぶと決めるが、思いがけない方法で娘の才能に気づいた父は、意外な決意をし・・・。
引用元 映画公式サイト

原作「エール」のあらすじ

聴覚障害を持つ家族の中でただひとり耳の聞こえる少女が、歌手になる夢を家族に理解してもらおうと奮闘する姿を描いたフランス製ヒューマンドラマ。フランスの田舎町に暮らすベリエ家は、高校生の長女ポーラ以外の全員が聴覚障害者だったが、「家族はひとつ」 を合い言葉に明るく幸せな毎日を送っていた。ある日、ポーラは音楽教師からパリの音楽学校への進学を勧められる。しかしポーラの歌声を聴くことのできない家族は、彼女の才能を信じることができない。家族から猛反対を受けたポーラは、進学を諦めようとするが……。
引用元 映画.com

「コーダ あいのうた」と「エール」の違い

主人公の年齢
「コーダ あいのうた」の主人公のルビーは高校生です。
「エール」の主人公ポーラ役は中学生です。
※あらすじにはポーラは高校生となっていますが、
どちらが正しいか分かりません。
中学生から途中高校生になるのかもしれません。

「コーダ あいのうた」の主人公ルビーを演じる

エミリア・ジョーンズさんは

2002年2月23日生まれ

映画公開時の2021年はは19歳です。


「エール!」の主人公ポーラを演じる

ルアンヌ・エメラさんは

1996年11月26日生まれ

映画公開時の2015年は19歳です。


家族構成
「コーダ あいのうた」では両親と兄の4人家族です。
「エール」では両親と弟の4人家族です。
主人公以外は難聴者という設定は変わりません。


引用元 映画.COM

引用元 映画.COM
酪農と漁業
「エール!」では、主人公一家は酪農をしています。
「コーダ あいのうた」では、漁業へと変更されています。

音楽
リメイク作品ですが、劇中は違う曲が使われています。
さまざま曲がありますが
入試で歌う曲は「エール!」では「青春の翼」、
「コーダ あいのうた」では「青春の光と影」です。


さすが主人公は二人とも

歌が上手いです。

「コーダ あいのうた」はリメイク作品だけあって

共感がしやすい場面が多いそうです。

「エール!」はフランス映画ということもあり

性的表現が大胆なところがあるそうです。

「コーダ あいのうた」がアカデミー賞受賞で

両作品とも注目されています。

ぜひチェックしてみてください。
ブルースウィルスの嫁、娘とインスタ投稿、失語症の現在の姿は?ブルースウィルスのラジー賞を取り消し!?映画コズミック・シンとは?ウィル・スミスの妻ジェイダの現在の髪型は?脱毛症の原因とは?三浦透子ドライブマイカー、鎌倉殿、なっちゃん!世界が注目の理由!キャッツ映画が酷評(ラジー賞)の理由はなぜ?ゴキブリ人間が怖いのが原因?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。