ライム病は地域差がある?日本で発症しやすい地域とは?予防するには?

ジャスティン・ビーバーさんが、

ライム病を患っていることを告白しました。


日本では聞きなれない病名ですが、

ライム病とはいったいどんな病気なのでしょうか?

ライム病とはどんな病気?

  • ライム病は感染症
  • マダニが媒介する
  • 名前の由来は最初に症例が確認された地域


ライム病とは、

もともとはノネズミやシカ、野鳥などが持っている細菌がマダニを媒介して、

人に感染する感染症です。

野生動物でしたら感染しても発症はしませんが、

人、犬、馬、牛では症状を示します。

1970年代にアメリカのコネチカット州のライム及びオールドライムで

最初に症例が確認されたことから、

ライム病と呼ばれることになりました。

ライム病の症状は?

ライム病の症状は、ステージによって以下の症状があります。

ステージ1
円形の特徴的な紅斑、リンパ節の腫張、筋肉痛、関節痛、頭痛、発熱、悪寒、倦怠感などのインフルエンザと同様の症状。

マダニに噛まれてから数日から数週間後に、

噛まれた部分を中心とした円形の特徴的な紅斑が出ます。

ただし、無症状な人も約25%いるようです。

その他、インフルエンザに似た症状を伴うことがあり、

体調の悪さと疲労感は数週間続くため、

特にインフルエンザやかぜと間違えられることがあります。

ステージ2
皮膚症状、神経症状(髄膜炎や脊髄神経根炎、末梢性顔面神経麻痺)、心疾患、眼症状、関節炎、筋肉炎など。不整脈などの循環器症状、リンパ球腫などが出ることも。

体内循環によって病原体が全身に拡散することにより、

皮膚や神経、眼や関節など、

全身に多彩な症状が出現します。

ステージ3
慢性萎縮性肢端皮膚炎、慢性関節炎、慢性脳脊髄炎、角膜炎など。

感染から数か月~数年かけ、慢性疾患となります。

ジャスティン・ビーバーさんが現在どのステージなのかはわかりませんが、

少なくともステージ2には到達しているのではないでしょうか。

日本では今のところ、ステージ3の症状まで出ている例は報告されていないようです。

ライム病に感染しやすい地域がある?

ライム病が日本では聞きなれない病気なのは、

日本での感染が欧米に比べ少ないからのようです。

アメリカでは特にニューヨーク州周辺での感染報告が多く、

ニューヨークの風土病とさえ言われているようです。

国立感染症研究所によると、

日本で感染報告がある地域にも偏りがあり、

北海道が多くなっているようです。

https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/524-lyme.html

推定感染地がある地域は北海道のほか、

新潟県、福島県、群馬県、長野県、福井県、大分県となっており、

日本において媒介原因となることが多いシュルツェ・マダニの生息域近辺と一致しています。

https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/524-lyme.html


https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/524-lyme.html

シュルツェ・マダニの生息域近辺に行くことがある場合は、

長袖長ズボンに手袋をするなど、

皮膚の露出を避けた服装をし、

シュルツェ・マダニに噛まれないように気を付けましょう。

以上、ライム病についてご紹介しました。

過去にアヴリル・ラヴィーンさんもライム病に感染していましたが、

治療は数年続いたそうです。

ジャスティン・ビーバーさんも治療は長期間になることを見込んでいるのか、

闘病生活をYouTubeで「ジャスティン・ビーバー:シーズンズ」と題し、

全10回のドキュメンタリーシリーズとして公開するそうです。

View this post on Instagram

Seasons. #2020. @youtube

A post shared by Justin Bieber (@justinbieber) on

治療が成功するよう見守っていきたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です