『寄生獣』のネタバレ!?【漫画】田宮良子が物語のカギをにぎる?

どすこいこんにちは。

食べたあとはすぐ眠くなり、眠りから覚めるとお腹が空いている、体重増加中のちゃんこです。

お金がなくて遊びに行けないので、家でも充実して過ごせる方法を探しています。

さて、今日は家に居ながらにして地球人と異星人の壮絶な戦いに参加した気分になれる・・・かもしれない、一度は読みたいおすすめ漫画をご紹介します。
その漫画とは・・・

『寄生獣』!!

アニメ化や実写映画化もしている作品です。原作の漫画は1988年公開です。

あらすじ

ある日、空から正体不明の生物「パラサイト」が複数舞い降りてきた。

パラサイトは人間の耳や鼻から侵入し、人間の頭になりすまし、人間の体を操る形で人間に寄生していた。

そして、人間の体を操って他の人間を捕食して生活していたのである。

部屋で居眠りをしていた高校生の泉新一も、パラサイトに寄生されるが、そのパラサイトは新一の脳への寄生に失敗し、右腕に寄生することになった。

それにより、新一は人間のまま、右腕になりかわったパラサイトの「ミギー」と共生生活を送ることになった。

脳への寄生に失敗した状態の新一たちは、ほかのパラサイトたちから警戒され、パラサイトの「田宮良子(田村玲子)」たちに狙われることになる。

こうして、新一はミギーとともに、他のパラサイトとの恐ろしい戦いに巻き込まれるのであった・・・

ちゃんこ流おすすめポイント

さて、ここからは『寄生獣』のちゃんこ流おすすめポイントをご紹介します。

あなたは人間?パラサイト?

パラサイトは人間を捕食するため、人間にとっては脅威です。

しかも捕食のときには人間は切り刻まれ、見るも無残な姿になってしまいます・・・

だんだん世間もパラサイトの存在に気づき、冗談で「あなたパラサイトじゃないよね?」なんて会話までされることになります。

パラサイトは頭に寄生すると、元の人間とそっくりの顔で擬態するため、見た目ではその人がパラサイトに乗っ取られているかどうか判断がつかないのです。

顔の表情のなさから、読者のわたしたちは、その人がパラサイトかどうかが判断しやすいのですが、それでも、「あ!この人パラサイトじゃなかったの!?」とか、「普通の人間だったんだ!」というようなことがあります。

ドキドキしながら見ることができます。

パラサイトの発言で「人間」を知る

ミギーは新一に寄生当初は人間の言葉も知らない状態です。

勉強家のミギーは、書物などで人間や地球のことを勉強します。

そんな中、人間を捕食するパラサイトを問題視し悩む新一をみて、ミギーはこんな発言をします。

「人間はあらゆる種類の生物を殺し食っているが わたしの『仲間』たちが食うのはほんの1~2種類だ・・・質素なものさ」

新一はその発言をへ理屈と一蹴しますが、ミギーの素朴な発言は人間の本質を浮き彫りにします。

また、新一たちの敵である「田宮良子(田村玲子)」は、自分自身や人間のことを研究し、パラサイトと人間との関係性を探っていきます。

そんな「田宮良子(田村玲子)」の印象的な発言がこちらです。

「我々はか弱い それのみでは生きてゆけないただの細胞体だ」
「だからあまりいじめるな」

人間に寄生して人間を捕食しているはずのパラサイトが、人間に対して、自分たちをいじめるな、と言っているのです。

新一をはじめ、人間からしてみれば逆でしょ!と言いたくなるのですが、物語を読み進めていくと、「田宮良子(田村玲子)」の言っていたことがだんだんわかるようになります。

人間は自分たちの脅威と感じたものに対して、人間同士で結託し、徹底的に排除しようとします。

この作品ではその標的がパラサイトになっていますが、地球上で人間の標的になっているものは他にもいくらでもいるのです。

ミギーや「田宮良子(田村玲子)」たちパラサイトは、人間を研究する中で純粋にそう思ったのでしょう。

人間ではないパラサイトだからこそわかる、人間の本質を教えてくれます。

おわりに

『寄生獣』を読み終わるころ、わたしは人間よりもパラサイトに共感するようになっていました。

なぜなら、人間とパラサイトの戦いの中で、人間が当たり前にしている行動がどれだけ身勝手なものなのかが、明らかにされたからです。

地球にとっての「寄生獣」とはいったい誰なのか?

考えさせられる作品です。

ということで、今回は『寄生獣』を紹介しました。

ではまた!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です