岡田健史はなまりあり?中学聖日記黒岩君が福岡出身ならしぇんしぇい?

岡田健史さんはドラマ『中学聖日記』に出演し、

話題になったイケメン俳優です。

これから注目の岡田健史さんの気になる情報を集めてみました!

岡田健史さんのプロフィールは?


岡田健史(おかだけんし)さんは、1999年5月12日生まれ、

2019年11月現在で20歳の俳優です。

身長は180㎝と高身長の岡田健史さん。

福岡県出身です。

趣味は筋トレと映画鑑賞だそうです。

好きな食べ物はラーメンで、チャーハンが得意料理。福岡っぽいですね!

ジブリが大好きという、可愛らしい一面もあります。

所属事務所はスパイスパワー。

初耳の所属事務所です。

スパイスパワーは芸能事務所スウィートパワーの男性部門で、

スウィートパワーには、内山理名さん、黒木メイサさんや、桐谷美玲さんなどが所属しています。

1996年設立と、他の芸能事務所に比べると歴史の浅い事務所で、所属タレント数は少ないながらも、

地道にスカウトで所属タレントを発掘しているそうです。

岡田健史さんも、スカウトされたうちの1人です。

岡田健史さんが地元福岡で中学1年生のときに初めてスカウトされ、断ったそうなのですが、

スパイスパワーはそれで諦めたりせず、なんとその後5年間スカウトし続け、岡田健史さんをゲットしたようです。

スパイスパワーの期待に応えるかのように、岡田健史さんは500人超えのオーディションで

ドラマ『中学聖日記』の主人公の相手役である黒岩晶役に選ばれ、

2018年にドラマデビューを果たしました。

その後も、ドラマでは2019年に『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』と、

『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第4話に出演。

また、2020年3月公開予定の映画『弥生、三月-君を愛した30年-』にも出演しています。

高校時代は野球男児だった?

岡田健史さん、福岡県出身なのですが、高校時代は長崎で寮生活をしていたそうです。

出身高校は長崎県の創成館高校で、野球部に所属していました。

創成館高校は野球の強豪校で、2018年には春・夏ともに甲子園に出場しています。

岡田健史さんは野球部でキャッチャーを務め、一時はプロ入りも目指していたようです。

スパイスパワーからのスカウトを断っていたのも、野球をやりたかったからだそう。

しかし、技術や体力の限界を感じ、高校までで野球は引退したそうです。

この当時からイケメンで有名だった岡田健史さん。


ちなみに、イケメンキャッチャーで有名だったために、

岡田健史さんの本名は水上恒司さんだという情報がネットにはたくさんありました。

野球部を引退後、助っ人として演劇部の演劇に出演したことがきっかけで、

俳優を目指すことになりました。

かねてからスカウトは受けていたので、普通ではなかなか考えられない、俳優への道も開けていたのですね。

(岡田健史さんのファンとして、スパイスパワーの粘り強さには感謝します。)

なまりも魅力!博多弁だと「先生」はしぇんしぇい?

福岡県出身なので、なまりがある岡田健史さん。

ドラマの撮影でもイントネーションに気を遣う必要があったようです。

どうやら、博多弁だと、「せ」は「しぇ」と発音するようで、

もし『中学聖日記』で岡田健史さんが素で黒岩君のセリフを言っていたら、

「先生のこと好きになっちゃいました」というセリフは、

「しぇんしぇいんことすきになってしまった」となっていたのでしょうか。

ドラマで方言を話す役をやる役者さんは、大変そうだなと思っていたのですが、

地方出身で標準語じゃない役者さんが、標準語でドラマに出るパターンのほうが多いのかもしれません。

岡田健史さんも、本当は標準語じゃないのに、全く違和感を感じさせない演技力は、

それだけですばらしいなとあらためて思いました。

おそらくこれからますます出演作品を増やしていくであろう岡田健史さん。

今後のご活躍に期待しています!

View this post on Instagram

😀😀😀

A post shared by Kenshi Okada 岡田健史 (@kenshi_okada_official) on

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です